Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exchange Server」の既知脆弱性がAPT攻撃の標的に

セキュリティベンダーのVolexityは、脆弱性が修正されていないサーバに対して、複数の攻撃グループがAPT攻撃を展開していると報告。偵察行為をはじめ、ウェブシェルや悪意あるプログラムの実行などを試みていたという。

同社は同脆弱性に対する攻撃について、2要素認証では回避できないと指摘。2要素認証で操作を制限しても、パスワードが変更されていなければ漏洩したアカウント情報など用いることで攻撃が可能であると説明している。

また脆弱性の詳細公表後、アカウント情報を取得しようとするブルートフォース攻撃の増加を観測していることも明らかにした。

脆弱性に対する攻撃が報告されていることを受け、米国の国家安全保障局(NSA)や米国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では注意喚起を実施。できるだけ早くアップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
「Microsoft Teams」導入時は最新版のインストーラーを
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
「Chrome 80.0.3987.162」が公開 - セキュリティ問題8件を解決
ネットインフラ管理アプライアンスに複数脆弱性
ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ
RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性
三菱製シーケンサ「MELSEC」のUDP/IP通信にリソース枯渇のおそれ