Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀

顧客情報を漏洩したとして、百十四銀行の元職員が不正競争防止法違反の容疑で3月5日に逮捕された。

同事件は、同元職員が同行へ勤務していた当時、同行をすでに退職済みだった知人へ顧客情報を不正に提供したとして、同元職員や知人など関係者3人が不正競争防止法違反の容疑で逮捕されたもの。

2019年9月に警察が同元職員を事情聴取。同行でも聞き取り調査を実施したところ、2018年11月から2019年8月にかけて、法人3件と個人14件の顧客情報を漏洩していたことを認めたという。

対象となった顧客において詐欺被害も発生しており、同行は2019年10月28日付けで諭旨退職とする懲戒処分を実施。2月28日に香川県警へ被害届を提出していた。

今回の問題を受け、再発防止に向けて同行では研修を実施。顧客情報へのアクセス制限や、照会状況をモニタリングするシステムの開発を進めており、4月から導入する予定。

(Security NEXT - 2020/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

N国代表、個人情報不正入手で書類送検 - 「相手が開示した」と説明
NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
取引先情報不正持出の元従業員が起訴 - ゼネテック
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
不正競争防止法改正案、データの不正取得や保護破りサービスも対象に
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社