Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響

2017年以降、銀行など金融機関の約4割が、サイバー攻撃を受けた経験があることがわかった。約1割で業務や経営に影響が生じたという。

20200203_ng_001.jpg
サイバー攻撃の経験や影響(グラフ:日銀)

2019年9月に日本銀行が取り引きのある402の金融機関を対象に、サイバーセキュリティに関するアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

ほぼすべての金融機関がサイバー攻撃の脅威を感じており、2017年ごろと比較して7割が脅威の高まりを感じていた。

2017年以降に1.2%が「サイバー攻撃を受け、業務や経営に重大な影響があった」と回答。9.5%についても「サイバー攻撃を受け、業務や経営に軽微な影響があった」としており、1割以上の組織がサイバー攻撃の影響を受けていたことがわかった。

一方29.1%は「サイバー攻撃を受けたが、業務や経営に影響はなかった」と回答。59.2%は「サイバー攻撃を受けたことはない」と回答している。

(Security NEXT - 2020/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
ネットバンク不正送金が3.6倍に - 個人での被害目立つ
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
ネットバンクの不正送金、9月に急増 - 2要素認証も突破か
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2019年2Qの不正送金被害が半減 - ただし法人では増加
フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超