Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

eコマースプラットフォーム「Magento」に深刻な脆弱性

Adobe Systemsは、eコマースプラットフォームである「Magento」のアップデートをリリースした。バグの修正やセキュリティの強化のほか、複数の深刻な脆弱性を修正したという。

同プラットフォームに、重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」の脆弱性3件を含む6件の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。有償版、無償版のいずれも影響を受ける。

信頼できないデータを逆シリアル化する脆弱性「CVE-2020-3716」や、セキュリティをバイパスされるおそれがある「CVE-2020-3718」は、悪用されるとコードを実行されるおそれがある。また機微な情報が漏洩するSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2020-3719」が判明した。

また1段階低い「重要(Important)」とされる情報漏洩の脆弱性3件についても明らかになった。いずれも悪用は確認されていない。

同社では、「Magento Commerce」および「Magento Open Source」向けに脆弱性を修正した「同2.3.4」「同2.2.11」や、「Magento Enterprise Edition 1.14.4.4」「Magento Community Edition 1.9.4.4」を公開。適用優先度を3段階中2番目にあたる「2」とレーティングし、30日以内を目安にアップデートするよう利用者へ呼びかけている。

20200130_as_001.jpg
脆弱性へ対処したアップデートの一覧(表:Adobe Systems)

(Security NEXT - 2020/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正
Firefox 77、重要度「高」5件含む脆弱性8件を修正
サイボウズの複数Androidアプリに脆弱性 - 修正版がリリース
Mozilla、「Firefox for iOS 26」で脆弱性に対処
「VMware」複数製品に脆弱性 - 特にmacOS環境で注意を
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開