Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子署名や認証業務の法律施行規則改正でパブコメ

総務省、法務省および経済産業省は、「電子署名及び認証業務に関する法律施行規則」の改正案および「電子署名及び認証業務に関する法律に基づく特定認証業務の認定に係る指針」の改正案を取りまとめた。

今回の改正は、特定認証業務に関わる電子署名の基準について、電子署名に使用される暗号アルゴリズムの見直しを行い、「電子署名及び認証業務に関する法律施行規則」で定める基準を改めるもの。

政府では改正案を取りまとめ、2月26日までの間、一般から意見を募集する。意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」のほか、郵送やファックス、メールなどで受け付ける。提出期限は2月26日17時必着。

(Security NEXT - 2020/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
顔認証による空港搭乗手続きで個人データ取扱ガイド - 国交省
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
「SQL Server」の認証試行が10月より急増