Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリ開発基盤「Spring」に複数脆弱性 - アップデートが公開

アプリケーション開発基盤「Spring Framework」において「Spring MVC」や「Spring WebFlux」を利用している場合に影響を受ける2件の脆弱性が明らかになった。

「Content-Disposition」ヘッダを設定している特定条件下において、反射型ファイルダウンロード(RFD)攻撃が可能となる脆弱性「CVE-2020-5398」が明らかとなったもの。

Pivotalによる共通脆弱性評価システムであるCVSSv3の基本スコアは「8.0」で、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

また「同5.2.0」以降において、特定環境のクロスオリジンリソース共有(CORS)におけるプリフライトリクエストに「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性「CVE-2020-5397」が明らかとなった。CVSSv3における基本スコアは「5.3」、重要度は「中(Medium)」。

同社では、脆弱性を修正した「同5.2.3」「同5.1.13」「同5.0.16」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部ネットワーク機器に「DDoS攻撃」や「アクセス制御回避」の脆弱性
macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正
Firefox 77、重要度「高」5件含む脆弱性8件を修正
サイボウズの複数Androidアプリに脆弱性 - 修正版がリリース
Mozilla、「Firefox for iOS 26」で脆弱性に対処
「VMware」複数製品に脆弱性 - 特にmacOS環境で注意を
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か