Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉県のなりすましメール出回る - Emotet感染は確認されず

千葉県の職員を装ったなりすましメールが確認されたとして、同県では注意喚起を行った。同県システムでマルウェアの感染は確認されていないという。

20200123_cp_001.jpg
なりすましメールの文面(画像:千葉県)

同県によれば、1月17日に県内の企業から同県職員を名乗る不審なメールが届いたとの通報があり、調査したところ、マルウェア「Emotet」により送信された疑いがある「なりすましメール」であることが判明した。

同県では、過去に業務でメールをやり取りしたことがある関係者に対して注意喚起を行うとともに、県のシステムについて点検を実施。マルウェアの感染などは見つかっていないという。

現時点で同県が確認しているメールでは、差出人に県職員の名前やメールアドレスが記載されているが、実際には県のドメインとは異なるメールアドレスから送信されていた。

同県は、県や職員を名乗るメールを受け取った場合は、メールアドレスなどに不審な点がないかよく確認するよう注意を喚起。なりすましメールのURLや添付ファイルを誤って開封しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
偽求人情報で個人情報を収集する手口 - 証明書写しなども要求
「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
実在する法律事務所や弁護士の「なりすましメール」に注意
MS、2020年最初の月例パッチを公開 - 脆弱性49件を修正