Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

千葉県のなりすましメール出回る - Emotet感染は確認されず

千葉県の職員を装ったなりすましメールが確認されたとして、同県では注意喚起を行った。同県システムでマルウェアの感染は確認されていないという。

20200123_cp_001.jpg
なりすましメールの文面(画像:千葉県)

同県によれば、1月17日に県内の企業から同県職員を名乗る不審なメールが届いたとの通報があり、調査したところ、マルウェア「Emotet」により送信された疑いがある「なりすましメール」であることが判明した。

同県では、過去に業務でメールをやり取りしたことがある関係者に対して注意喚起を行うとともに、県のシステムについて点検を実施。マルウェアの感染などは見つかっていないという。

現時点で同県が確認しているメールでは、差出人に県職員の名前やメールアドレスが記載されているが、実際には県のドメインとは異なるメールアドレスから送信されていた。

同県は、県や職員を名乗るメールを受け取った場合は、メールアドレスなどに不審な点がないかよく確認するよう注意を喚起。なりすましメールのURLや添付ファイルを誤って開封しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
「すかいらーく」のなりすまし - 宅配の注文準備中と焦らせる手口
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協