Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プレゼン会議システムに複数脆弱性 - 一部修正した更新が公開

一方「ClickShareベースユニット」では、ファイルシステムにおいて共通の暗号化キーをデバイスやモデル全体で使用する「CVE-2019-18825」が存在。

くわえて実装されているNXPセミコンダクターズ製マイクロプロセッサには、2017年に明らかとなったセキュアブートをバイパスされる脆弱性「CVE-2017-7932」、スタックオーバーフローの脆弱性「CVE-2017-7936」が含まれる。「CVE-2017-7936」に関しては、「ClickShareボタン」も影響を受けるという。

脆弱性について報告したF-Secureは、脆弱性を悪用するには物理的にアクセスできる環境が必要となるが、エクスプロイトそのものは容易に実行可能で、マルウェアの感染や情報窃取に利用されるおそれがあると指摘した。

10月9日に同社より脆弱性について報告を受けたBarcoでは、「ClickShareボタン」における5件の脆弱性に対処したファームウェア「バージョン1.9.1」をリリース。

一方チップに起因した脆弱性については物理的に対処する必要があり、F-Secureは修正が難しいと説明している。

(Security NEXT - 2019/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にリモートよりコードを実行されるおそれ
リコーのプリンタドライバに脆弱性 - 多数製品に影響
Google、「Chrome 80.0.3987」で複数脆弱性に対処
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開
「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新
NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
VMwareの「vRealize Operations for Horizon Adapter」に深刻な脆弱性
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性