Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府「クラウド安全性評価」の取りまとめ案で意見募集

総務省と経済産業省は、「クラウドサービスの安全性評価に関する検討会」における取りまとめ案について、パブリックコメントの募集を開始した。

同検討会は2018年8月にスタート。クラウドサービスに関する既存の各種ガイドライン、国内外の認証制度、監査制度などを参考に、適切なセキュリティを満たすクラウドサービスを政府が導入するために必要な評価方法について検討を進めている。

今回、「クラウドサービスの安全性評価制度」の位置づけや活用方法、制度運営における体制、監査の対象期間や申請期限、各種基準の検討方法、今後の進め方や課題など、同検討会による取りまとめに対して、意見の募集を開始した。

意見は、電子政府の総合窓口「e-Gov」の提出フォームやメールで受け付ける。締め切りは12月27日0時必着。

20191213_me_001.jpg
取りまとめ案の目次

(Security NEXT - 2019/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」が運用スタート
損保ジャパンとCSC、攻撃検知データ活用で共同研究
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
6月にオンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」が開催
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収