Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず

NTTデータグループの日本電子計算が自治体向けに提供しているIaaSサービス「Jip-Base」で、12月4日より障害が発生している問題で、当初の計画通り復旧が進まず、復旧の目処が立っていない状況となっている。

同社では、障害の原因についてストレージのファームウェアにおける不具合とし、当初12月9日に全面復旧する予定だったが、対象となるハードウェアについて修復は行ったものの、動作確認において各種データへのアクセス処理が正しく動作しない問題が判明したという。

同社は、当初計画から大幅な見直しが必要な状態としており、現時点で全面復旧の目途は立っておらず、サービスの復旧計画の策定を急いでいる。

(Security NEXT - 2019/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ジャニーズ会員制サイトが復旧 - 原因は外部インフラ
図書館サイト停止、情報流出は否定 - 川崎市
「Jip-Base」の障害、15%でデータ復旧不可能
自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
クレカ利用情報を重複送信、デビカで二重引落としの可能性 - 京急百貨店
JALでシステム障害 - 復旧するも影響続く
システム障害で車検証が一時発行できず - 国交省
住民記録システムで一時障害、異動届出の入力できず - 神戸市
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ