Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正

Firefoxの開発チームは、「Firefox 71」をリリースした。重要度「High」を含む複数の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、動画のフローティング機能やクリプトマイナーのブロック通知機能、ブロックしたトラッカーの集計機能などを搭載。あわせて11件の脆弱性を修正した。

今回のアップデートにおいて重要度が高い脆弱性は、4段階中2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている6件。解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-17008」「CVE-2019-11756」を修正した。

さらに「CVE-2019-13722」スタック破壊の脆弱性、域外メモリへの書き込み「CVE-2019-11745」、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2019-17012」「CVE-2019-17013」に対処した。

のこる5件の脆弱性は、いずれも1段階低い「中(Moderate)」。「Use After Free」の脆弱性やバッファオーバーフローが生じる脆弱性を解消している。

(Security NEXT - 2019/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件