Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ

「Microsoft Azureアカウント」や「Microsoftアカウント」の乗っ取りに悪用されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。すでに修正済みだという。

一部マイクロソフトアプリの「OAuth 2.0」による外部連携で、同社以外の第三者が用意したURLを無条件に信頼する問題が明らかとなったもの。同URLを用いてトークンを発行し、攻撃対象者に承認させることで、「Microsoft Azureアカウント」や「Microsoftアカウント」の乗っ取りが可能だった。

脆弱性を報告したCyberArk Softwareは「BlackDirect」と名付け、同問題を解説するウェブサイトをオープン。実証コード(PoC)を動作させた際の動画や、脆弱性の影響を受けるか確認できる機能を提供している。

CyberArkの研究者によれば、マイクロソフトのアプリでは、「OAuth 2.0」の承認要求で利用するリダイレクトURLに同社ドメインのホワイトリストを設定していたが不備があった。

一部アプリが指定するホワイトリストのサブドメインは、同社サービスを通じて誰でも取得できる状態にあり、ユーザーの許可なくそのまま信頼され、アクセストークンを発行できる状態だったという。

(Security NEXT - 2019/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
「Magento」に脆弱性 - 「1系」まもなくEOL、最後の更新
RPCフレームワーク「Apache Dubbo」にRCE脆弱性
脆弱性を解消した「Firefox for iOS 27」がリリース
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性