Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むファイルを誤送信 - 富山大病院

富山大学付属病院の医師が、患者の個人情報含むファイルを添付したメールを、富山県の担当者に誤って送信したことがわかった。

同大によれば、11月14日2時ごろ、医師が富山県厚生部の担当者に送信したメールにおいて、患者183人の個人情報を含むファイルを誤って添付したもの。患者の氏名や年齢、性別、カルテ番号、血液検査項目、血液検査時と検査後の状況などが含まれる。

同日12時半ごろ、同医師が誤送信に気づき、送信先の県担当者に誤送信したファイルの削除を依頼。その後県担当者から、パソコンおよび県メールサーバ上のデータを削除したと連絡を受けた。

同院では対象となる患者に対し、11月21日に説明と謝罪の書面を送付したとしている。

(Security NEXT - 2019/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
端末1台にマルウェア、情報流出の可能性 - 農産加工品販売業者
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子
感染PCから迷惑メール、顧客情報流出か - ニッポンレンタカー
首都大教員PCがマルウェア感染 - 実在企業名乗るメールで
府内市町村への制度案内メールに誤って職員人事関連情報 - 大阪府
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
ふるさと納税者宛メールに個人情報を誤って添付 - 松山市