Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むファイルを誤送信 - 富山大病院

富山大学付属病院の医師が、患者の個人情報含むファイルを添付したメールを、富山県の担当者に誤って送信したことがわかった。

同大によれば、11月14日2時ごろ、医師が富山県厚生部の担当者に送信したメールにおいて、患者183人の個人情報を含むファイルを誤って添付したもの。患者の氏名や年齢、性別、カルテ番号、血液検査項目、血液検査時と検査後の状況などが含まれる。

同日12時半ごろ、同医師が誤送信に気づき、送信先の県担当者に誤送信したファイルの削除を依頼。その後県担当者から、パソコンおよび県メールサーバ上のデータを削除したと連絡を受けた。

同院では対象となる患者に対し、11月21日に説明と謝罪の書面を送付したとしている。

(Security NEXT - 2019/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
学生の個人情報を学生向けサイトで誤配信 - ルーテル学院大
給与情報など3社にメールで誤送信 - 香川県農業試験場
履修案内メールに誤って3年生全員分の成績表 - 宝塚大
個人情報関連の事務処理ミスを公表 - さいたま市
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
地域限定クーポンのプレゼント企画で応募者情報が流出 - 南房総市