Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JCBカード利用者を狙うフィッシング攻撃が発生

JCBカードの利用者から個人情報を詐取するフィッシング攻撃が確認された。

ジェーシービーによれば、クレジットカード情報をはじめ、個人情報をだましとるフィッシング攻撃を確認したもの。メールやショートメッセージを悪用し、同社会員向けサービス「MyJCB」に見せかけたフィッシングサイトへ誘導していた。

フィッシングメールは、「必ずお読みください」など、複数の件名を使用。

本文では、クレジットカードが第三者に利用されるおそれがあるなどと不安を煽り、修正情報を再登録する必要があるとだまして、会員サービスに見せかけた偽サイトへ誘導していた。

(Security NEXT - 2019/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も