Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース

McAfeeのコンシューマー向け製品「McAfee Total Protection」「McAfee Anti-Virus Plus」「McAfee Internet Security」に脆弱性が明らかとなった。

コード署名を確認せず、悪意あるライブラリファイルを読み込むおそれがある脆弱性「CVE-2019-3648」が明らかとなったもの。

特定フォルダへ悪意あるプログラムを設置されると、ファイルを読み込み、実行するおそれがあるという。ただし、ファイルを設置するには管理者権限が必要となる。

共通脆弱性評価システムである「CVSSv3」のスコアは「6.1」、重要度は「中(Medium)」とレーティングされている。脆弱性の悪用は確認されていない。

同脆弱性は、8月にセキュリティ専門家より報告されたもので、McAfeeでは、11月12日に脆弱性へ対処した「同16.0.R22 Refresh 1」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部ネットワーク機器に「DDoS攻撃」や「アクセス制御回避」の脆弱性
macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正
Firefox 77、重要度「高」5件含む脆弱性8件を修正
サイボウズの複数Androidアプリに脆弱性 - 修正版がリリース
Mozilla、「Firefox for iOS 26」で脆弱性に対処
「VMware」複数製品に脆弱性 - 特にmacOS環境で注意を
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か