Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供

NVIDIAの「GPUディスプレイドライバ」や「Virtual GPU Manager」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。順次アップデートをリリースする。

権限の昇格やサービス拒否、情報漏洩など、あわせて9件の脆弱性が明らかとなったもの。

今回のリリースにおいて共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のスコアでもっとも高い値となったのは、権限昇格の脆弱性「CVE-2019-5690」および「CVE-2019-5691」で、いずれも「7.8」だった。

影響を受ける脆弱性は製品によって異なるが、同社は、Windows向けに「GeForce」「Quadro NVS」「Tesla」向けのアップデートをリリースした。

また「CVE-2019-5696」「CVE-2019-5697」「CVE-2019-5698」が判明した「Virtual GPU Manager」に関しては、11月18日の週にアップデートをリリースする予定。

(Security NEXT - 2019/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
MS月例更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃も
トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース