Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、DNSクエリを監視して不正通信を遮断するクラウドサービス「DNSWatchGO」を発表した。

同サービスは、DNSベースで不正通信を検知、遮断するクラウドサービス。DNSクエリを同社の不正ドメインリストと照合し、相関分析を実施。フィッシング攻撃やコマンド&コントロールサーバなどへの接続を検知、遮断する。

クラウドサービスのため、組織のネットワーク外からも利用することが可能。遮断された通信の分析結果を管理者やマネージドサービスプロバイダに通知する。

またフィッシングサイトへのアクセスを遮断した場合は、ユーザーを教育コンテンツへリダイレクトし、注意喚起できる。

(Security NEXT - 2019/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション