Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層支援プログラム「すごうで2020」が応募開始

ラックは、ITエンジニアを目指す若年層を支援するサポートプログラム「すごうで2020」の支援対象者を11月1日より募集開始する。

同プログラムは、若手IT人材の育成を目的として、突出するアイデアや技術力を持つ若者を支援する試み。

最優秀者には上限100万円の活動費用を提供。ハードウェアやソフトウェア、書籍などの購入に利用したり、勉強会や競技会参加費用として利用できる。

また資金以外でも、セキュリティ面からの試作ソフトウェアに対する検証やプログラミングのアドバイスなど、技術的な助言を提供。協力できる人物や企業、団体の紹介などサポートする。

対象者は20歳未満の個人、または20歳未満が過半数を占めるグループ。実現したい目標は、ITに関するものであればテーマや分野は問わない。締め切りは2020年1月10日。応募要項など詳細は同社サイトから。

(Security NEXT - 2019/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
3年かけてセキュ人材育成、未経験からスタート - KDDIら
メール誤送信で企業担当者のメアド流出 - 大阪府
財務支援サービスに不正アクセス、顧客情報が流出 - 三菱UFJ銀
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
国内の「MS 365」「Azure」普及推進でアライアンス - 日本MSら33社