Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大

金沢大学において、複数の教職員がフィッシング攻撃を受け、メールアカウントを乗っ取られたことがわかった。

同大によれば、8月14日、9月20日に複数の教職員に対してメールサービスの障害通知を装った英文のフィッシングメールが送られたもの。25人がフィッシングサイトへアクセスしてメールのパスワードを入力、アカウントが不正アクセスを受けた。

不正アクセスを受けた教職員のうち、7人のメールアカウントが踏み台として悪用され、9月20日、25日、27日にあわせて4万1697件のフィッシングメールが送信された。

同大では、同大より送信されたメッセージを受信した場合は注意するよう呼びかけている。また不正アクセスを受けたメールアカウントのパスワードを変更。メールについて、送信数の制限や送信状況の監視強化を行っている。

(Security NEXT - 2019/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大