Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府

大阪府の支援学校において、個人情報が保存された複数の外付けハードディスクが所在不明となっている。

同府によれば、パソコン室で保管していたハードディスク6台を紛失したもの。そのうち3台に、個人情報が保存されていた。

2017年度と2018年度の教育支援計画360人分、高等部生徒の進路指導に関する文書202人分、授業や学校行事で使用する児童や生徒名記載のリスト360人分、校外支援に関する文書41人分などが含まれる。

9月3日に6台が保管場所にないことが判明。5月中旬に1台のハードディスクを使用したが、以降の所在がわからないという。

同行では、教職員への聞き取り調査などを行い、盗難の可能性が高いと判断。警察へ被害届を提出した。また対象となる生徒の保護者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療助成費支給の申請書類を紛失、支給遅延も - 大阪市
住民の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 習志野市
顧客リストを一時紛失、翌日回収 - 愛知県のケーブルテレビ会社
取引先情報など含む業務用携帯電話を紛失 - 医療機器メーカー
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
顧客情報含む伝票綴りを箱ごと紛失、取り違えて廃棄か - 豊和銀
水泳大会で取材申込書などを紛失 - 日本障がい者スポーツ協会
学生や関係者の個人情報紛失、匿名で送付 - 共立女子大
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀