Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪港開港150年記念のドメインを第三者が取得 - アダルトサイトに

大阪市が実施したイベントの公式サイトで利用していたドメインが第三者によって取得され、無関係のコンテンツを配信するために利用されていることがわかった。同市は同ドメインへのリンクを削除してほしいと呼びかけている。

問題が明らかとなったのは、2017年に実施された「大阪港開港150年記念事業」の公式サイトで利用していたドメイン。同市によれば、10月1日に外部より公序良俗に反するサイトへ接続されるとの指摘を受け、調べたところ第三者が取得、同ドメインを通じて無関係のコンテンツが配信されていることが判明した。

事業終了後に同市が委託先よりサイトの管理を引き継ぐ際、ドメインの権利期間について十分な引き継ぎが行われておらず、ドメインの利用契約期間が終了。8月下旬に第三者が取得し、10月7日の時点でアダルトサイトの配信に利用されている。

今回の問題を受けて、同市では、同市関係サイト内に掲載していた同ドメインへのリンクをすべて削除。同ドメインへ不用意にアクセスしないよう注意喚起するとともに、同サイトへリンクを設定している場合は、削除してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「東北文化の日」の旧ドメインを第三者が取得 - マルウェア配布に利用か
ラグビーW杯の便乗詐欺サイトに注意 - 「無料ライブ配信」で誘惑
JPドメインの不正登録に関する情報受付窓口を開設 - JPRS
イオンのクレカ利用者狙うフィッシング攻撃 - 不自然な表現も
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
マルウェア設定情報の抽出ツールを公開 - JPCERT/CC
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通