Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一斉送信メールにイベント参加者の個人情報 - 愛知県

愛知県は、愛知県陶磁美術館においてメールの送信ミスがあり、イベントに参加した親子の個人情報が流出したことを公表した。

同県によれば、9月30日11時ごろ、同美術館が主催するイベント「子供工芸講座―親子で茶器をつくってみよう!」の参加者15組に、作成した作品の引き取りを依頼するメールを送信した際、誤って参加者1組の個人情報を掲載してしまったという。

作品の引き取り依頼のメールを作成する際、参加者1人から送信されたメールの返信機能を利用して文書を作成。

送信元となった参加者1組の住所や携帯電話番号、メールアドレス、子どもの氏名、年齢、学年が記載されていたが、確認せずに一斉送信に利用してしまったという。

受信者からの指摘があり、ミスが判明。送信先にメールと電話で連絡し、メールの削除を依頼した。個人情報が流出した参加者には、電話で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
業務メールを無関係メアドに同報、名簿送ったケースも - 佐賀県
県受託事業でメール誤送信、懲戒処分実施 - 滋賀レイクスターズ
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
ベンチャー企業支援プログラムの委託先でメール誤送信、メアド流出 - 大阪市
商品券事業で委託先が個人情報を目的外利用 - 豊田市
抽選結果の通知メールを誤送信、メアド流出 - 都立図書館
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店