Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IOS XE」や「IOS」に複数の重要度「高」脆弱性

Cisco Systems製品向けオペレーティングシステム「IOS XE」や「IOS」に、複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。いずれも重要度は「高」。

影響を受ける製品や環境は脆弱性によって異なるが、通信やファイルの処理、脅威対策機能などにおいてサービス拒否の脆弱性が明らかとなったもの。コマンドインジェクションや署名検証がバイパスされる脆弱性なども含まれる。

サービス拒否の脆弱性は「CVE-2019-12653」「CVE-2019-12646」など7件が存在。いずれも最高値が「10」とされる共通脆弱性評価システムであるCVSSにおいて「8.6」とスコアリングされており、重要度が「高(High)」とレーティングされている。

コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2019-12650」「CVE-2019-12651」や、署名検証がバイパスされる脆弱性「CVE-2019-12649」は、ややスコアが低いとはいえ、重要度は同じく「高(High)」だった。

(Security NEXT - 2019/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
VMwareの「vRealize Operations for Horizon Adapter」に深刻な脆弱性
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性
「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性
「Apache Dubbo」にRCE脆弱性 - 2019年12月の更新で修正済み
ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性