Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IOS XE」や「IOS」に複数の重要度「高」脆弱性

Cisco Systems製品向けオペレーティングシステム「IOS XE」や「IOS」に、複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。いずれも重要度は「高」。

影響を受ける製品や環境は脆弱性によって異なるが、通信やファイルの処理、脅威対策機能などにおいてサービス拒否の脆弱性が明らかとなったもの。コマンドインジェクションや署名検証がバイパスされる脆弱性なども含まれる。

サービス拒否の脆弱性は「CVE-2019-12653」「CVE-2019-12646」など7件が存在。いずれも最高値が「10」とされる共通脆弱性評価システムであるCVSSにおいて「8.6」とスコアリングされており、重要度が「高(High)」とレーティングされている。

コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2019-12650」「CVE-2019-12651」や、署名検証がバイパスされる脆弱性「CVE-2019-12649」は、ややスコアが低いとはいえ、重要度は同じく「高(High)」だった。

(Security NEXT - 2019/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
「Firefox 79」がリリース - 脆弱性10件を修正
「Magento」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Google、複数脆弱性を解消した「Chrome 84.0.4147.105」をリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.106」を公開 - 複数脆弱性に対処
「Photoshop」などAdobe複数製品に深刻な脆弱性 - アップデート公開
「ZeroShell」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意