Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IOS XE」や「IOS」に複数の重要度「高」脆弱性

「IOS XE」はいずれの脆弱性も影響を受けるが、「CVE-2019-12647」「CVE-2019-12654」に関しては「IOS」についても影響を受ける。

また「IOS」と「Linux」を組み合わせたアプリケーション環境である「Cisco IOx」向けのアプリケーションについても「CVE-2019-12648」「CVE-2019-12656」など重要度「高(High)」の脆弱性が明らかとなった。

特にゲストOSを導入した環境で認証なくアクセスが可能となる「CVE-2019-12648」はCVSSのスコアが「9.9」と高い。

同社では、脆弱性を修正したアップデートを提供しており、利用者へ注意を呼びかけている。今回明らかとなった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2019-12646
CVE-2019-12647
CVE-2019-12649
CVE-2019-12650
CVE-2019-12651
CVE-2019-12653
CVE-2019-12654
CVE-2019-12655
CVE-2019-12657
CVE-2019-12658
CVE-2019-12648
CVE-2019-12656

(Security NEXT - 2019/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正