Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人SOC向けにセキュリティソリューション群 - カスペ

カスペルスキーは、セキュリティオペレーションセンター向けに「Kaspersky for Security Operation Center」を提供開始する。

同ソリューションは、法人組織が運用するSOCをサポートする製品群で構成。脅威情報やインシデント対応、トレーニングなど7種類の製品やサポートで構成され、必要に応じてコンポーネントを導入できる。

具体的には、サイバー攻撃に関する脅威情報を提供する「Kaspersky Threat Intelligence」や、脅威情報とログを照らし合わせて、アラートの評価や意志決定を支援する「Kaspersky CyberTrace」を提供。

サイバー攻撃の発見から分析、対応を行う「Kaspersky Anti Targeted Attack Platform/Kaspersky Endpoint Detection and Response」のほか、脅威ハンティングやインシデントレスポンス、トレーニング、ペネトレーションテストなどのサービスを提供する。

(Security NEXT - 2019/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開