Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グルメ情報サイトに不正アクセス - 会員のアカウント情報が流出

飲食店のレビューやランキングを掲載しているグルメ情報サイト「なんとかデータベース」が不正アクセスを受け、会員のメールアドレスとパスワードが流出したことがわかった。

同サイトを運営するスープレックスによれば、9月10日に会員から情報流出の可能性について指摘があり、同社が調査したところ、同社サーバが不正アクセスを受けていたことが判明したという。

流出の可能性があるのは、「なんとかデータベース(ラーメンデータベース)」に登録されていた16万9843件のアカウント。メールアドレスと暗号化されたパスワードが含まれる。そのうち9月12日の時点で4件のアカウントについては流出が確認されている。

同社では、すべての会員に対して強制的にログアウトを実施。パスワードをリセットする手順を案内するメールを送信し、手順に従ってリセットを行うよう求めている。

(Security NEXT - 2019/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用も - 刃物通販サイト
ロック系ファッション通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面に誘導
不正アクセスで顧客情報流出の可能性、詳細調査中 - JR九州グループ会社
セガの動画サービスに不正アクセス - アクセスコードなど流出か
「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会
通販サイトに不正アクセス、詳細を調査中 - JIMOS
へぎそば通販サイトに不正アクセス - 2015年以降のクレカ情報流出か
耐熱ガラス製品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報やPWが流出か