Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員免許更新講習受講者へのメールで送信ミス - 関西国際大

関西国際大学は、教員免許状の更新講習受講者に対するメールで送信ミスがあり、個人情報が流出したことを明らかにした。

同大によれば、8月20日に2019年度教員免許状更新講習の受講者へ受講の礼状をメールで送信したところ、操作ミスが発生したもの。全受講者1119人のうち499人について、氏名とメールアドレスが表示された状態で送信された。

今回の問題を受けて同大では関係者へ謝罪。関係者に対する連絡方法などについて見直しを図るなど、再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2019/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
グルメアプリに不正アクセスの可能性 - ユーザー情報流出か
ファンクラブ会員宛のメールで誤送信 - 宇都宮ブレックス
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大