Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「クロネコメンバーズ」にPWリスト攻撃 - 不正ログイン3400件

ヤマト運輸の会員制ウェブサービス「クロネコメンバーズ」において不正ログインが発生し、個人情報が閲覧された可能性があることがわかった。

同社によれば、7月23日、特定のIPアドレスを発信元とする不正ログインを確認したもの。第三者が本人になりすましてログインを試みる「パスワードリスト攻撃」と見られ、ログインを試行された約3万件のうち、3467件のアカウントでログインを許した。

不正ログインを許した場合、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、性別、クロネコID、クレジットカードの名義やカード番号の下4桁、有効期限のほか、アドレス帳に含まれる氏名や住所、電話番号などが閲覧された可能性がある。

同社では、攻撃元IPアドレスからのログインを遮断。不正ログインを許したIDに対しては、パスワードを変更しなければ使用できないように対策を講じるとともに、対象となる顧客に連絡を行っている。

今回不正ログインで使用されたIDやパスワードは、同社以外で流出したものとしており、同社経由の流出については否定している。

(Security NEXT - 2019/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

第三者がアプリでTポイントを不正利用 - PWリスト攻撃などの形跡見られず
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
セシール通販サイトにPWリスト攻撃 - 試行22回を検知
決済サービス「7pay」廃止へ - 原因「PWリスト攻撃」と説明
「コーナンPay」にPWリスト攻撃 - 試行回数は数十万件規模か
dアカウントで計らず 「2段階認証」届くケースが増加 - 未設定の場合も
中部電力のウェブサービスに不正ログイン、個人情報が流出
イオンクレカ会員向けサービスに不正ログイン - PW攻撃で
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
コジマの通販サイトで不正ログイン、詳細は調査中