Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用

通信販売サイト「ショップチャンネル」において、なりすましによる不正ログインが行われ、商品の購入などが行われたことがわかった。一部アカウントをピンポイントで狙い、「後払い」を悪用することで商品をだまし取ろうとしたものと見られる。

同サイトを運営するジュピターショップチャンネルによれば、2022年12月26日の定期チェックで不審な購買履歴を発見。調査を進めたところ、翌27日に第三者が正規利用者のIDとパスワードを用いて不正にログインし、商品の購入などを行っていたことが判明した。

その後の調査で、35件のアカウントが不正ログインを許し、そのうち29件で住所や電話番号などの登録情報が改ざんされていることが明らかとなった。さらに24件のアカウントでは商品の購入に至っており、いずれもクレジットカード番号を必要としない「後払い決済」で注文していた。

今回の不正アクセスでは、いわゆる「パスワードリスト攻撃」のような大量のログイン試行は確認されておらず、ピンポイントに不正ログインが行われていた。

同社では内部調査を実施し、同社経由で情報流出が発生していないことを確認。経路は不明だが、同社以外から何らかの方法で取得したアカウント情報を用いた不正アクセスであるとの見方を示している。

(Security NEXT - 2023/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正