Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合DBシステムで不正ログイン被害、改ざんも - 上智大

上智大学は、同大システムにおいて第三者が正規の利用者になりすましてログインする「不正ログイン」の被害が発生したことを明らかにした。一部利用者において情報の改ざんなどが行われたという。

同大では、メールシステムや学習支援ソフトなどを利用する際のICTアカウント情報を統合データベースシステムで管理しているが、2023年12月15日から同月17日にかけて同システムに対し、おもに海外の複数IPアドレスをアクセス元として第三者による「不正ログイン」が行われたという。

同月16日ごろより、在学生や卒業生からメールシステムにログインできないとの問い合わせが寄せられ、ログを確認したところ、10件の不正ログインが発生していることが判明した。利用者10人においてパスワードやリマインダに関する情報が改ざんされた可能性がある。

同大では、同システム以外から入手したアカウント情報を用いてログインする「パスワードリスト攻撃」の可能性も踏まえつつ、原因について調査を進めている。

同大では不正ログインされた関係者のパスワードを強制的に変更し、リマインダ情報を削除した。学生や教職員に対してパスワードを変更するよう注意を喚起。パスワードについては複雑なものを用い、別のシステムで使い回さないよう求めている。

(Security NEXT - 2024/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用