Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専

群馬県は、技術専門校において、技術講習の参加申込書に記載したファックス番号に誤りがあり、個人情報が第三者へ送信されたことを明らかにした。

同県によれば、同校で実施する技術講習の参加申込書の送付先として記載していたファックス番号が誤っていたもの。2校から参加申込書が送信されたが、無関係の第三者へ送信された。

誤送信された申込書には、生徒30人の氏名と生年月日、性別、高校名などが記載されていた。7月10日、送信した高校から着信を確認する電話があり、未着となっていたことから問題が判明した。

誤送信先となった個人宅へ連絡を取り、受信したファックスデータは印刷せず削除されたことを確認。同校では、対象となる生徒と保護者に対し、電話と書面による説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2019/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
販売サイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 鎌田醤油
口座情報含む資料をファックスで誤送信 - JA高知県
顧客宛てメールに顧客情報ファイルを誤添付 - リゾートトラスト
取材内容や記者個人情報をファックスで誤送信 - 上野動物園
職員採用の選考結果をファックスで誤送信 - 東京都
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市