Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力のウェブサービスに不正ログイン、個人情報が流出

中部電力の家庭向けウェブサービス「カテエネ」が不正アクセスを受け、一部アカウントが不正にログインされた可能性があることがわかった。

「カテエネ」は、電気使用量や電気料金をウェブサイト上で確認できる同社契約者向けのオンラインサービス。電気料金や各種サービスの利用状況に応じてポイントを付与し、ショッピングなどに利用できるサービスなども提供している。

同社によれば、7月10日から11日にかけて、本来の利用者とは異なる第三者が不正にログインを試みる「パスワードリスト攻撃」が同サイトに対して行われたという。

最大234件のアカウントが不正なログインを許し、氏名や住所、契約プラン、電気の使用状況、電気およびガス料金の請求額、保有ポイント数などの個人情報が取得された可能性がある。ポイントの不正使用は確認されていない。

(Security NEXT - 2019/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

第三者がアプリでTポイントを不正利用 - PWリスト攻撃などの形跡見られず
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
セシール通販サイトにPWリスト攻撃 - 試行22回を検知
決済サービス「7pay」廃止へ - 原因「PWリスト攻撃」と説明
「コーナンPay」にPWリスト攻撃 - 試行回数は数十万件規模か
dアカウントで計らず 「2段階認証」届くケースが増加 - 未設定の場合も
「クロネコメンバーズ」にPWリスト攻撃 - 不正ログイン3400件
イオンクレカ会員向けサービスに不正ログイン - PW攻撃で
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
コジマの通販サイトで不正ログイン、詳細は調査中