Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント

ビットポイントジャパン(BPJ)が運営する仮想通貨交換所において、約35億円相当の仮想通貨(暗号資産)が外部へ流出したことがわかった。

同社親会社のリミックスポイントによれば、取引のためホットウォレットに保管していた概算で約35億円分相当の仮想通貨が、外部に流出していることが判明したもの。

7月11日22時過ぎに仮想通貨の送金エラーを検出し、調査を行ったところ、約30分後に一部仮想通貨の流出を確認。翌日12日2時ごろ、別の仮想通貨についても被害に遭っていることが判明した。

同社は被害の発生を受け、同日6時半ごろに仮想通貨の送受信を停止。10時半に新規口座開設を含むすべてのサービスを停止した。

(Security NEXT - 2019/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングで仮想通貨約29億円を窃盗 - 欧州で6人が逮捕
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる