Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント

ビットポイントジャパン(BPJ)が運営する仮想通貨交換所において、約35億円相当の仮想通貨(暗号資産)が外部へ流出したことがわかった。

同社親会社のリミックスポイントによれば、取引のためホットウォレットに保管していた概算で約35億円分相当の仮想通貨が、外部に流出していることが判明したもの。

7月11日22時過ぎに仮想通貨の送金エラーを検出し、調査を行ったところ、約30分後に一部仮想通貨の流出を確認。翌日12日2時ごろ、別の仮想通貨についても被害に遭っていることが判明した。

同社は被害の発生を受け、同日6時半ごろに仮想通貨の送受信を停止。10時半に新規口座開設を含むすべてのサービスを停止した。

(Security NEXT - 2019/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
「Emotet」がセクストーションまがいの詐欺メール - 高い成功率
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
「DDoS攻撃」の脅迫メール、国内組織にも - 新手法も活用
2019年3Qのセキュリティ相談、1年ぶりに3000件以下に
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映