Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 68」がリリース、クリティカル含む脆弱性21件を解消

Mozilla Foundationは、ブラウザの最新版となる「Firefox 68」をリリースした。深刻な脆弱性などを修正している。

今回のアップデートでは、重要度が「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性2件など、CVEベースであわせて21件の脆弱性を解消した。

「クリティカル」とレーティングされた脆弱性は、「CVE-2019-11709」「CVE-2019-11710」で、いずれも悪用されるとメモリ破壊が生じ、リモートでコードを実行されるおそれがある。

次に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は4件。解放後のメモリへアクセスする「CVE-2019-11713」のほか、スクリプトインジェクションの脆弱性やサンドボックスが回避される脆弱性などへ対処した。

さらに重要度が「中(Moderate)」10件や、「低(Low)」とされる脆弱性5件を修正している。

また「Firefox ESR 60.8」をあわせて公開しており、「CVE-2019-11709」を含む10件の脆弱性に対応した。

(Security NEXT - 2019/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
「Adobe Experience Manager」に情報漏洩の脆弱性
「アクセス解析CGI An-Analyzer」に複数の脆弱性
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中
「Cisco DCNM」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートで修正
Linux SACK処理の脆弱性、VMwareの31製品に影響
MSが「Azure Sphere」評価版を更新、Linux脆弱性を修正 - AKS利用者なども注意
ICカード対応施錠管理製品に認証回避のおそれ
NTT東西の「ひかり電話ルータ」に複数脆弱性