Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 68」がリリース、クリティカル含む脆弱性21件を解消

Mozilla Foundationは、ブラウザの最新版となる「Firefox 68」をリリースした。深刻な脆弱性などを修正している。

今回のアップデートでは、重要度が「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性2件など、CVEベースであわせて21件の脆弱性を解消した。

「クリティカル」とレーティングされた脆弱性は、「CVE-2019-11709」「CVE-2019-11710」で、いずれも悪用されるとメモリ破壊が生じ、リモートでコードを実行されるおそれがある。

次に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は4件。解放後のメモリへアクセスする「CVE-2019-11713」のほか、スクリプトインジェクションの脆弱性やサンドボックスが回避される脆弱性などへ対処した。

さらに重要度が「中(Moderate)」10件や、「低(Low)」とされる脆弱性5件を修正している。

また「Firefox ESR 60.8」をあわせて公開しており、「CVE-2019-11709」を含む10件の脆弱性に対応した。

(Security NEXT - 2019/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 78.0.2」が公開 - フレーム設定をバイパスできる脆弱性を修正
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響