Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽NTTドコモのSMSに注意 - 公式と同じスレッドに表示される可能性も

NTTドコモになりすましたショートメッセージによるフィッシング攻撃が発生している。スマートデバイス上で公式メッセージと同じスレッド上に悪意あるSMSが表示されるケースもあり、同社では注意を呼びかけている。

SMSを利用した「フィッシング」、いわゆる「スミッシング」により、偽サイトへ誘導。同社が提供する「dアカウント」のIDやパスワード、クレジットカード情報をだまし取る攻撃が確認されたもの。

問題のメッセージは、「キャリア決済が不正に利用された」「dカードが不正利用された」「dアカウントが異常ログインされた」などと不安を煽る内容で、二段階認証や本人認証、検証などを口実に偽サイトへ誘導しようとしていた。

さらにフィッシングSMSは、送信元を公式SMSと全く同じ「NTT DOCOMO」などと名乗っており、スマートデバイス上では、なりすましのメッセージが正規のメッセージと同じスレッド上に表示されるおそれがあるという。

同社では、不安を煽るような内容のメッセージに関しては、フィッシングである可能性を疑うよう求め、アクセス前にURLが正規サイトか確認するよう呼びかけている。

20190619_nd_001.jpg
偽メッセージと正規メッセージが同じスレッド上に表示されるケースも(画像:NTTドコモ)

(Security NEXT - 2019/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「UCカード」利用者狙うフィッシング攻撃に注意
レンサバ事業者装うフィッシングに注意 - 偽管理ツールに誘導
「本日キャンセルしないと請求発生」 - 動画配信サービスのフィッシングに注意
「PayPay」装うフィッシング - 加盟店やフリマ利用者がターゲット
JCBカード利用者を狙うフィッシング攻撃が発生
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
「顧客満足度調査で1万円」とだますフィッシング - 三井住友銀を偽装