Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS

GRCSは、セキュリティ製品の運用と監視を支援するマネージドセキュリティサービスを開始した。

「次世代型MSS」は、24時間体制で対応するマネージドセキュリティサービス。

同社ツール「CSIRT MT.mss」を活用してインシデントを管理。同社SOCでインシデント関連アラートを受信した場合は、60分以内に初期対応に必要な情報を提供する。

また解析結果の報告、エンドポイントの隔離、マルウェアの削除、再発防止の支援などのサポートも行う。

開始当初は、Carbon Blackの「CB Defense」に対応。今後は、「Bromium」「Darktrace」に対応する予定。

(Security NEXT - 2019/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
ソフバンテク、MSSに海外拠点 - 海外進出企業向けサービスを強化
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス