Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス

ソリトンシステムズは、OTとIT環境が混在した製造現場におけるトラフィックや資産の可視化を支援する新サービス「マネージドSoliton NK(NetworkKnowledge)」を提供開始した。

同サービスは、OTシステム環境やネットワークへ接続するサーバのセキュリティ対策を支援するサービス。機器を設置してOTおよびIT環境のパケットを取得。同社のエンジニアがトラフィック分析や可視化などを実施し、報告書を提供する。

最新の機器や汎用的でないプロトコルが使われているOT環境においてもパケットを取得し、制御プロトコル別に分析したり、稼働する資産情報の可視化や注意すべき通信や脆弱性などを確認できるとしている。

参考料金は、月額15万円から。

(Security NEXT - 2021/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス