Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応

トレンドマイクロは、サーバ向けセキュリティ対策製品の新版「Trend Micro Deep Security 12.0」を6月19日より提供開始する。

新版では、「Docker」のコンテナ向け対策を強化。従来よりコンテナ内で稼働する不正プログラムの検知や外部からの通信に対するIPS、IDS機能を提供しているが、同一ホストOS上で動作するコンテナ間の脆弱性に対する攻撃や、コンテナからホストOSに対する不正な通信を検知し、防御することが可能となった。

参考価格は、1サーバあたり年額23万40円。

(Security NEXT - 2019/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化