Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱

5月の月例パッチで修正された深刻な脆弱性「CVE-2019-0708」について、今後大きな影響を与える可能性があるとしてあらためて注意喚起が行われている。

同脆弱性は、「Windows 7」「Windows Server 2008」などにおいて、リモートデスクトップに見つかった脆弱性。細工したRDPの接続要求により、コードを実行されるおそれがあり、別名「BlueKeep」とも呼ばれている。

リモートより悪用が可能であり、脆弱性を利用すると、ユーザーの操作なく、インターネットを介して感染を広げる「ワーム」に悪用される懸念が出ている。

影響の大きさから、同社では、サポートが終了している「Windows XP」「Windows Server 2003」などの旧OSに対してもアップデートをリリースした。

「CVE-2019-0708」について、Errata Securityがインターネットをスキャンし、調査したところ、脆弱性が修正されていない約95万台の端末を確認したという。

一部脆弱性を装った「ハニーポット」含まれる可能性もあるものの、多数の端末が存在しており、ワームの兆候について報告はないものの、悪用がはじまれば一気に感染が拡大するおそれがある。

また同調査では、「ネットワークレベル認証(NLA)」が設定されている端末は含まれていない。攻撃者がユーザー名やパスワードを把握している場合は脆弱性が悪用されるおそれがある。

こうした状況を受け、米国家安全保障局(NSA)でも注意喚起に乗り出した。

同局は、これまでもワームにより、脆弱な広範囲のシステムで壊滅的なダメージが発生してきたことを指摘。今回の脆弱性が攻撃に悪用されるのも時間の問題であるとして、セキュリティ更新プログラムの適用を強く呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正
フリマアプリ「ラクマ」に認証情報漏洩のおそれ
「Office for Mac」の「マクロ無効設定」が回避されるおそれ
オムロン製安全回路プログラミングツールに脆弱性 - アップデートがリリース
トレンドマイクロ「Apex One」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Chrome」ゼロデイ脆弱性、水飲み場攻撃「WizardOpium作戦」に悪用
「Chrome」に2件の脆弱性、アップデート公開 - ゼロデイ攻撃も確認
「Samba」に3件の脆弱性 - アップデートがリリース