Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月はDDoS攻撃が1.6倍に、ただし規模は縮小傾向 - IIJ

4月に国内で観測されたDDoS攻撃は、前月の約1.6倍と大きく増加した。一方で攻撃の規模は前月より縮小している。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、同社のDDoS攻撃防御サービスにおける観測動向を取りまとめたもの。4月に観測されたDDoS攻撃は689件で、3月の434件から255件の増加となった。

1日あたりの攻撃件数は23件で、前月の14件を大きく上回る。1日あたり80件近くの攻撃を検出した日がある一方、5件未満の日もあり、ばらつきが見られたという。

同社によると、同月観測された最大規模の攻撃は、DNSを用いたリフレクション攻撃。最大97万ppsのパケットにより、最大約9.21Gbpsのトラフィックが発生した。前月の最大652万pps、最大約19.3Gbpsと比較すると大きく縮小している。

また攻撃の継続時間も短くなる傾向が見られたという。同月にもっとも長時間にわたって発生した攻撃は、DNSを用いたリフレクション攻撃で41分間にわたり発生。最大で約9.0Gbpsのトラフィックが発生した。

(Security NEXT - 2019/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月のDDoS攻撃、検出件数や最大攻撃規模が前月から上昇
9月後半に多数のDDoS攻撃を観測 - IIJまとめ
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
8月のDDoS攻撃、前月比1割増 - IIJまとめ
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
7月のDDoS攻撃検知が1.5倍に、約76Gbpsの攻撃も
6月のDDoS攻撃観測、前月の3分の2に
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
5月のDDoS攻撃、3割減 - 約40Gbps規模の攻撃も
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定