Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンドポイント管理製品「Quest KACE K1000」に複数脆弱性

Quest Softwareのエンドポイント管理アプライアンス「Quest KACE System Management Appliance(K1000)」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品には、コンソールへアクセスできるユーザーによってブラインドSQLインジェクション「CVE-2018-5404」が存在。

さらにチケット管理のページに管理者のセッションを奪取できる「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2018-5405」や、製品へアクセスできる第三者によって管理者アカウントを作成されたり、製品の設定を変更されるおそれがある認証不備の脆弱性「CVE-2018-5406」が含まれる。

脆弱性の判明を受け、セキュリティ機関では、脆弱性が修正されている「KACE SMA 9.1.317」にアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
MS月例更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃も
トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正
フリマアプリ「ラクマ」に認証情報漏洩のおそれ
「Office for Mac」の「マクロ無効設定」が回避されるおそれ
オムロン製安全回路プログラミングツールに脆弱性 - アップデートがリリース
トレンドマイクロ「Apex One」にコマンドインジェクションの脆弱性