Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本も狙う「APT10」にあらたな動き - 一見問題ない実行ファイルから攻撃展開

中国の関与が指摘されるサイバー攻撃グループ「APT10」のあらたな活動が観測された。従来見られなかったダウンローダーを攻撃に用いていたという。

「APT10」は、「menuPass」「StonePanda」「Red Apollo」「CVNX」「POTASSIUM」「ChessMaster」などといった別名でも知られる攻撃グループ。国内を標的とした攻撃では、「CSVファイル」を用いた攻撃なども観測されている。

2018年12月には、日本をはじめ、少なくとも12カ国以上の企業45社を侵害したとして、米司法省が同グループ関係者を刑事訴追しており、米国、イギリス、日本などが、中国が関与するとされる同グループの活動について、非難する声明を発表している。

今回あらたに東南アジア地域で同グループが関与したと見られるあらたな活動が観測されたもの。4月末にフィリピンでサンプルを取得したとして、enSiloが詳細を明らかにした。

同社によると、最終的にダウンロードされるマルウェアは、「APT10」が利用することで知られるリモートアクセスツール「PlugX」のほか、「Quasar RAT」だったが、これらを感染させるために従来見られなかったダウンローダを使用していたという。

(Security NEXT - 2019/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
「Microsoft Teams」導入時は最新版のインストーラーを
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
「Chrome 80.0.3987.162」が公開 - セキュリティ問題8件を解決
ネットインフラ管理アプライアンスに複数脆弱性
ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ
RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性
三菱製シーケンサ「MELSEC」のUDP/IP通信にリソース枯渇のおそれ