Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UTMを最大52台まで拡張できる新製品 - チェック・ポイント

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、UTMの拡張を実現するアプライアンス製品「Maestro Hyperscale Orchestratorシリーズ」を6月より提供する。

同製品は、オンプレミス環境において複数台の同社UTMを接続することでスループットなどを拡張できるソリューション。数分で設定でき、クラスタリングや冗長性を確保することが可能。必要に応じて最大52台まで接続できる。

同社は、同時に同製品との親和性が高いUTMの新モデル「6800シリーズ」「6500シリーズ」を発表した。

脅威対策機能を用いた際のスループットが8.9Gbpsの「6800」の場合、「Maestro Hyperscale Orchestrator」を用いることで最大450Gbpsのスループットを確保することが可能。グループを設定し、動的にリソースを割り当てたり、グループごとに異なるポリシーを設定することもできる。

同シリーズのラインナップは2種類。ファブリック容量が3.2〜6.4Tbpsの上位モデルの「同170」と、ファブリック容量が2~4Tbpsのミッドレンジモデル「同140」を用意している。

(Security NEXT - 2019/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応