Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生

「MyEtherWallet(MEW)」の利用者を狙うフィッシングメールが出回っているとしてフィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

「MEW」は、仮想通貨のEthereumやEthereumのトークン情報を保管できるウォレットサービス。フィッシング攻撃では、「アカウントで異常な動作を検出した」「アカウントを更新できず、閉鎖する」といった内容で不安を煽り、偽サイトへ誘導しようとしていた。

フィッシングメールの件名には、「重要なお知らせ」「アカウントは24時間以内に停止されます」など、同協会が把握しているだけで6種類が利用されており、誘導先のフィッシングサイトも11件が確認されている。

フィッシングサイトは、5月22日の時点で稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
偽NTTドコモのSMSに注意 - 公式と同じスレッドに表示される可能性も
「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
ネット6社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「アカウント」 - テーマ曲はみやぞんさん
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
「本人認証サービス開始」などとだますフィッシング - ゆうちょ銀を偽装
「MUFGカード」利用者狙うフィッシング - 11ドメインで展開
「気軽さ」と「不安」で誘導するフィッシング攻撃