Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件

動画や音楽の配信サービスがパスワードリスト攻撃の標的となっている。2018年4月ごろより増加しはじめ、5月から12月の8カ月間に少なくとも116億件の攻撃が確認された。

米Akamai Technologiesが、動画や音楽の配信サービスにおけるパスワードリスト攻撃の発生状況について報告したもの。

2018年4月ごろより4000万回を超える攻撃が増加。5月以降、さらに規模が大きい攻撃をたびたび観測した。

特に大規模の攻撃が展開された5月から12月までの8カ月間に、メディア、ゲーム、エンターテインメント分野の企業で観測されたパスワード攻撃の試行回数は、約116億件にのぼるという。

20190522_at_001.jpg
(グラフ:アカマイ・テクノロジーズ)

(Security NEXT - 2019/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン2019」がスタート
政府、決済事業者に不正アクセスへの対策強化を要請
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明
不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン」がスタート - 賛同企業も募集中
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
「STOP!!パスワード使い回し!!キャンペーン2017」がスタート - 「パスワードリスト攻撃」による被害軽減目指す
2016年の漏洩データは14億件、前年比86%増 - Gemaltoまとめ
サイト改ざんに注意、闇市場で認証情報出回る