Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン2019」がスタート

JPCERTコーディネーションセンターは、「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン2019」を開始した。賛同企業を募集している。

同イベントは、複数のオンラインサービスでパスワードを使い回すリスクを紹介し、パスワードの使い回しを避けるよう呼びかけるキャンペーン。

認証情報が流出し、パスワードリスト攻撃などが発生している現状を解説。注意点や安全なパスワードの設定方法のほか、2段階認証の活用や、ログイン履歴の確認といったセキュリティ機能の活用などを紹介している。

10月には消費税増税にともなうキャッシュレス・ポイント還元事業がスタート。便利な反面、アカウントを登録する機会が発生すると指摘。リスクを認識した上で利用する必要があるとして、対策を呼びかけている。

同キャンペーンは、10月31日まで展開する予定。JPCERTコーディネーションセンターでは、同キャンペーンの賛同組織についてもあわせて募集している。

(Security NEXT - 2019/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
「ProjectWEB」を廃止、脆弱性の件数や詳細は明かさず - 富士通
緊張高まる国際情勢を受けてセキュリティ対策強化呼びかけ - 経産省
政府、大会関係者に北京五輪公式アプリ利用で注意喚起 - 期間中の攻撃にも警戒を
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
「サイバーセキュリティ月間」が開始、マクロスとタイアップ - 「おぼえていますか」と対策をアピール