Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割

サービスにおいて、パスワードの定期的な変更を要求しているかという問いには、33%が「3カ月以内で実施」、26%が「6カ月以内で実施」、10%が「12カ月以内で実施」と回答。一方、26%は「実施していない」と回答した。

パスワードの定期的な変更を要求していると回答した事業者はあわせて7割を超えているが、変更を必須としているわけではなく、推奨にとどめている事業者も含まれる。

(Security NEXT - 2019/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
3人に1人が「退職後も元職場にアクセスできる」- Kaspersky調査
不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件