Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化

宅配便の不在通知を装ったショートメッセージ(SMS)をスマートフォンへ送り、偽サイトへ誘導する「スミッシング」。偽装するブランドの拡大や検出の回避など悪質化が進んでいる。

これまでも「佐川急便」を装った不在通知によって偽サイトへ誘導し、不正アプリをインストールさせたり、IDとパスワードを入力させるフィッシング攻撃が確認されているが、あらたに「日本郵便」をかたるケースが確認された。

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)では、佐川急便の偽サイトに関する調査を進めていた際、あらたに「日本郵便」を装うSMSと偽サイトを確認した。

トレンドマイクロによると、Androidでアクセスすると、端末から情報を窃取して悪意あるSMSを送信する「偽アプリ」の導入が促されるが、ダウンロードされる不正アプリもブランドが変更されていた。ただし、送信されるSMSでは異なるブランドに見せかけたURLを利用するなど、偽装が甘い部分もあるという。

またフィッシングサイトを、ウェブサイトで一般的に用いる80番ポートではなく、88番ポートで公開しているケースを確認。同社は、検索エンジンなどによる検知の回避を狙ったものと分析している。

20190517_jp_001.jpg
JC3が確認したフィッシングサイト

(Security NEXT - 2019/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取
「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導