Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増

情報処理推進機構(IPA)は、2019年第1四半期における脆弱性の届け出状況を取りまとめた。122件の届け出があり、前四半期から増加した。

同四半期に届け出があった脆弱性は122件。前四半期の91件から31件増加した。

ソフトウェアに関する脆弱性は72件で、前四半期の36件から倍増。一方ウェブサイトに関する脆弱性は50件で、前四半期の55件を下回った。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア関連が4274件、ウェブサイト関連が9938件。あわせて1万4212件となっている。

ウェブサイトに関する届け出が全体の約7割を占める状況に変化はない。1日あたりの届け出件数は3.96件で、7期連続で減少している。

20190426_ip_003.jpg
脆弱性の届け出件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2019/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
「Jira Server」の脆弱性を探索するアクセスを観測 - 警察庁
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
MS、脆弱性調査環境「Azure Security Lab」を新設 - 報償金は最高30万ドル