Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、「重要インフラにおける情報セキュリティ確保に係る安全基準等策定指針」の改定案を公開した。5月13日までパブリックコメントを実施している。

同指針は、重要インフラ事業者が規程する「安全基準」に規定されることが望ましい項目について、情報セキュリティ対策に特化して整理、記載したもの。重要インフラ事業者が自主的な取り組みや継続的な改善を行う際に参照しやすいよう、情報セキュリティ対策項目をPDCAサイクルに沿って記載した。

同指針は、3年に1度の見直しを原則としており、今回、自然災害の多発やサイバーセキュリティ戦略の改定、重要インフラ分野への空港分野の追加といった環境の変化を踏まえて見直しを実施。改定案として取りまとめた。

改定案について意見募集を実施しており、意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」のほか、メールやファックス、郵送などで受け付ける。提出期限は5月13日17時必着。

(Security NEXT - 2019/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
重要インフラセキュリティに関するNIST文書に翻訳版 - IPAが公開
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず